みなさん、はじめまして。
「教えて、足病先生!」サイト校長の「足を守る、健康を守る」菊池守です。
健康な日々を送るためには全身の体重を支える「足」の健康が不可欠です。足の健康を保ち健康寿命を延ばすためには、足に関する「正しい知識」を身につける必要があるでしょう。ネットを見ると足の病気のことから日々のケアまで様々な情報があふれていますが、様々なサイトが溢れすぎていてどこの情報を信じればいいのかわからなくなってしまっています。

米国には歯を専門に治療する「歯科医」のように、足を専門に治療する「足病医(Podiatrist)」がいます。日本にはそのような専門職はありませんが、たくさんの職種が力を合わせて足に関わる「正しい知識」を集めることは可能です。
本サイトではいろいろな領域の足病先生(医師、看護師、理学療法士、義肢装具士、セラピスト、シューフィッターなどの専門家)の知識を集めて、「正しい足の健康の知識」「足の病気の予防、治療の知識」のすべての情報を皆さんにお届けします。

教えて足病先生の目的 「日本の足と歩行と健康を守る!」

① 足の健康、足の病気に関するすべての情報を集める

全国の「足病先生」がそれぞれの領域から足の健康の維持(病気の予防)のための情報を発信し、啓発します。これにより患者さんや家族、一般の方が最新の情報を手に入れることができるようになるでしょう。

② 足を守るには様々な職種の連携が必須

足に関して相談できる既存の医療機関や専門家、団体、ネットワークを紹介し、シューフィッター、介護職、セラピスト、看護職、理学療法士、義肢装具士、医師などを紹介するとともに、足に関わるすべての職種の人が力を合わせるために繋がるハブになります。

③ 行動変容を起こす(治療から予防へ)

「超・超高齢社会」を迎える2025年にはみんなが足の健康の必要性を認識し、足に対する予防的ケアや検診を当たり前に受けるような社会にします。