投稿者:足の専門校SCHOOL OF PEDI
フットケアスペシャリスト
桜井祐子

足のケア専門家フットケアスペシャリストが、からだと足のトラブルの症状別に、自宅で3分でできるビューティフットマッサージを12回シリーズでご紹介します。

第2回は、足裏リフレで改善しよう「肩こり・腰痛」です。

平成25年国民生活基礎調査によると、男性の有訴者率(人口千人あたりの自覚症状者数)は「腰痛」が最も高く、次いで「肩こり」、「鼻がつまる・鼻汁が出る」、そして、女性は「肩こり」が最も高く、次いで「腰痛」、「手足の関節が痛む」と報告されていることから、「肩こり」、「腰痛」は、男女ともに最も訴えが多い症状です。
足のケア専門家・フットケアスペシャリストによる肩こり・腰痛に効果的なフットマッサージとストレッチを紹介します。

所要時間:両足3分


第5指:右に5回左に5回まわす 所要時間:片足10秒
1. 「肩」の反射区は、第5指つけ根にあります。第5指つけ根の関節を基点に、①右回りから360度5回まわし、②左回り360度5回まわします。この時、第5指つけ根の関節を基点を軽く引っ張りながら回すとより効果的です。先の細い靴を履かれている方には、とてもおすすめです。


第5指~第1指:3プッシュ×4ライン 所要時間:片足12秒
2. 「僧帽筋」の反射区は、足裏の第2指から第5指のつけ根にあります。第4指と第5指の間を上(甲側)から①②③と順番に重ね母指で押します。次に、下(足裏側)から第3指と第4指の間を手の第3指で3プッシュ、第2指と第3指の間を3プッシュ、そして、最後に第1指と第2指の間を3プッシュしましょう。上からの刺激は、手の母指の圧力を手の第2~5指で受け留めるように、下からの刺激は、手の第2指の圧力を手の母指で受け留めるように押すと安定した圧が入ります。


小指球下:1プッシュ5秒×3回 所要時間:片足15秒
3. 「肩関節」の反射区は、小指球にあります。小指球下を手の第2指第2関節で1プッシュ5秒を3回押しましょう。上から地面に向かって体重を乗せながら行うと、疲れず安定した圧力が入ります。


土ふまず~かかと:10ストローク 所要時間:片足10秒
4. 「腰」の反射区は、土ふまずからかかとにかけてアーチ状にあります。手の指の第2関節で土ふまずから内くるぶしの下に向かってアーチの弧を描くように10回流しましょう。


股関節~澱部:5秒×3回 所要時間:片足15秒
5. 股関節と澱筋のこわばりは、腰痛にとっては大敵です。床にあおむけに横たわり、両手で膝を支え、胸に膝を設置させるイメージで膝に置いた手をゆっくり真下に下ろします。ゆっくり5秒3回行いましょう。反対の足も同様に行いましょう。太ももの裏側が伸びるように行うと効果的です。


股関節~澱部:5秒×3回 所要時間:片足15秒
6. 今度は、左手で右膝外側を手で支え、ゆっくりクロスさせ大腿部外側を伸ばします。5秒間そのままの状態でキープし、3回行いましょう。呼吸を吐きながら伸ばすと効果的です。この時、澱部から腰・背中にかけて伸びている感覚を大切にしましょう。反対側も同様に行います。

お風呂上りの体が温まっている時に毎日3分習慣づけて行い、「腰痛」「肩こり」撃退に役立てましょう。