投稿者:下北沢病院
医師 菊池守

足の小指(第5趾)の爪が変形している方をしばしばみかけます。
もちろん白癬の可能性は否定しなければなりませんが、足の幅より狭い靴や小さい靴を履いていると靴の中で爪が物理的に圧迫されてしまって、正常に生えられなくなってしまいます。
特にヒールを履いている方や足幅合わない靴を無理にはいたり、靴ひもを締めずに靴の中で足が遊んでいしまったりしていると、第5趾の爪が曲がったり、二つに割れてしまったり、分厚くなったりと様々な変化を起こします。

そういう方に「足の爪は外力(靴などの圧迫)によって変形したり生えなくなったり分厚くなったり(肥厚)するんですよ」というとビックリされることが多いです。

綺麗な形の爪に戻すにはちゃんと足にあった靴を履いて、爪切りとヤスリで爪をいい形に整えて、といった地道なことを半年、場合によっては1年以上続けなければなりません。

あなたの足の小指の爪、変形していませんか?

The following two tabs change content below.
菊池 守

菊池 守

院長下北沢病院
「教えて、足病先生!」塾長であり日本初の「足」の専門病院の院長。 日本で「足病科」「足病学」を確立する礎となる病院にすることが目下の目標。