透析を受けている患者さんには足の病気(末梢動脈疾患)の頻度が高く、治療が難しいことをよく経験します。
ずっと自分の足で透析病院やクリニックに通院していただくために、どのような透析の工夫ができるかを話し合います。
いわゆる“透析”と一言で済ませても、本当はいろいろな種類の透析の仕方があります。
足にやさしい透析、足を守る透析について、4人の先生にお話しいただきます。ぜひご参加ください!

日髙 寿美(湘南鎌倉総合病院 腎臓病総合医療センター・部長)

プログラム名:シンポジウム5 フットケアにおける「足にやさしい透析療法」の意義
日程・会場:2月9日(土曜日)16:30~18:00 第5会場

【第17回日本フットケア学会年次学術集会】
日程:2019年2月9日(土)、10日(日)
会場:名古屋国際会議場
大会長:佐藤 元美(新城市民病院 腎臓内科・人工透析センター)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。