「足の世界」は他の診療科領域よりも多くの診療科や多くの職種が集まり、知恵を寄せ合い治療やケアを行っていく必要がある領域のひとつです。
何でも自分だけで解決する必要はありません。
透析室や在宅などの社会的閉鎖空間となりやすい部署の中で一人ぼっちで「もんもん」「もやもや」となることなく、いろんな仲間に助けてもらえば、解決することも多いですし、乗り越えられない壁はないのではないかと思います。
是非、皆さんも足病・フットケアの素敵な輪を拡げて、多くの足トラブルを抱えた足難民を仲間と一緒に救って欲しいと願います。
まずは、興味と勇気を持って、シンポジウムや学会でひとつだけ質問してみる、お隣の座席の方に話しかけてみる、一人でも研究会やセミナーに参加してみる。
そういった貴方の行動がきっと次に繋がります。
そして、いつも診ている患者さんに還元されるようになります。
本シンポジウムで新しい仲間に巡り合えることを今からワクワクしています。
(引用:竹内一馬:糖尿病ケア 2014 vol.11 no.3 P261から改変)

画像のPDFはこちらをクリック

竹内 一馬(医療法人たけうち 六本松 足と心臓血管クリニック・院長)

プログラム名:会長企画1 フットケアをバズらせろ!皆で考える仲間集め作戦 by “教えて、足病先生”
日程・会場:2月9日(土曜日)9:45~11:45 第2会場

【第17回日本フットケア学会年次学術集会】
日程:2019年2月9日(土)、10日(日)
会場:名古屋国際会議場
大会長:佐藤 元美(新城市民病院 腎臓内科・人工透析センター)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。