血行再建手術を行った後、足潰瘍・壊疽はどのような経過をたどるのでしょうか。どのような傷が治癒に至り、どのような足が切断の憂き目に遭うのでしょうか。診断・血行再建から創傷の処置・切断・終末期まで診る血管外科医だけが解る、リアルワールドの重症虚肢治療を豊富な症例を元に解説します。

岡崎 仁(小倉記念病院)

プログラム名:関連学会コラボレーションセッション8「血行再建後の潰瘍治癒」
日程・会場:6月28日(金)16:10~17:40 第8会場(ポートピアホテル 本館B1F 偕楽2)

【第11回 日本下肢救済・足病学会学術集会】
日程:2019年6月28日(金)、29日(土)
会場:神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場 他
会長:寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。