慢性静脈不全症・静脈性潰瘍

皆様は足に茶色い色素沈着があり何度も潰瘍ができてしまう御高齢の方を見たことがあるはずです。このような方は簡単な超音波検査で診断がつき静脈瘤がみつかると根本的な治療ができます。また弾性包帯や弾性ストッキグを上手に使うことが大切です。静脈学会共催プログラムではエキスパートがそのすべてをお教えいたします。

孟 真(横浜南共済病院 心臓血管外科 院長補佐)

プログラム名:関連学会コラボレーションセッション 7「慢性静脈不全症・静脈性潰瘍」
日程・会場:6月28日(金)15:00~16:00 第8会場(ポートピアホテル 本館B1F 偕楽2)

【第11回 日本下肢救済・足病学会学術集会】
日程:2019年6月28日(金)、29日(土)
会場:神戸ポートピアホテル、神戸国際会議場 他
会長:寺師 浩人(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。