『糖尿病足病変のことが一から分かる!』

2月9日土曜日の午後、基調講演「糖尿病性神経障害の病態・診断と治療」(愛知医科大学病院 糖尿病内科 神谷英紀先生)に続いて、3名の先生に糖尿病足病変の診断・治療についてお話ししていただきます。
大浦紀彦先生(杏林大学医学部 形成外科)にはネットで話題の「AAAスコア」などを用いた早期発見・早期治療について、寺師浩人先生(神戸大学医学部 形成外科)には「神戸分類」などを用いた評価と治療法について、また、鈴木英司先生(中濃厚生病院 内分泌糖尿病内科)には栄養療法や予防的フットケアについて発表していただきます。
今まで漠然と理解していた糖尿病足病変のことがこのシンポジウムでしっかり理解・整理できると思います。

佐藤 元美(新城市民病院/腎臓内科部長・人工透析センター長)

プログラム名:シンポジウム6 糖尿病足病変の基礎と臨床
日程・会場:2月9日(土曜日)14:30~16:00 第6会場

【第17回日本フットケア学会年次学術集会】
日程:2019年2月9日(土)、10日(日)
会場:名古屋国際会議場
大会長:佐藤 元美(新城市民病院 腎臓内科・人工透析センター)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。