『透析PAD患者に対するフットケアとLDLアフェレシス療法』

順天堂で行っている透析PAD患者に対する治療戦略をご紹介します!
順天堂では下肢救済チームを構築し一人でも多くの患者さんの足を救うために全力を尽くしています。カテーテル治療を行っても痛みの改善や創傷治癒が得られない患者さんに対してはLDLアフェレシス療法や血管再生治療(独自で開発した自己末梢血単核球生体外培養増幅細胞移植)を行い、救肢を行っています。我々の経験が皆様の日々の診療のお役にたてればと思いますので是非聴講にいらしてください!

田中里佳(順天堂大学医学部形成外科学講座)

プログラム名:ランチョンセミナー3 透析PAD患者に対するフットケアとLDLアフェレシス療法
日程・会場:2月9日(土曜日)12:20~13:20 第7会場

【第17回日本フットケア学会年次学術集会】
日程:2019年2月9日(土)、10日(日)
会場:名古屋国際会議場
大会長:佐藤 元美(新城市民病院 腎臓内科・人工透析センター)
日程・プログラム詳細はこちら

この記事にタグは登録されていません。